<アクセス解析タグ ここから-->

プロフィール

海神

Author:海神
はじめまして。
結構いい年をしてます。
昔から悩んではいたのですが、大した対策も出来ずにいます。
少し、真剣に考えてみようと思って恥ずかしいのですが、「ブログ」を立ち上げてみました。

フリーエリア

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院 5

そして、翌々週

診察室で
先生:「精管は詰まっていなかったので、精子が生きているかどうか調べます」
    これに出してきてください」

と言って、シャーレを渡されました。

私:「えっ?? これにですか・・・ どこで・・・・」

先生:「そちらにトイレがありますから・・・」

そんなぁ、トイレで出すって。

結局トイレに行きましたが、本当にただのトイレです。
緊張もあり、まして想像力が貧弱な私は起ちません。

なんとか頑張って妄想をしてみるのですが・・・・

『あれっ?? 俺って、早漏じゃなかったっけ??』
でも、駄目です。
ありゃぁ・・・・困った・・・

本当に屈辱でした。

今だったら、「先生、誰か看護婦さんに手伝ってもらえませんか」くらい
言えるかも知れないのに・・・


で、検査の結果、一般のひとより若干精子の数が少ないかも知れないけど、
元気だし全然問題は無いとのこと。

先生:「ご主人にも問題はありません。きっと精神的なものでしょう」

『精神的な問題かぁ・・・・』


結局、どちらにも問題が無かったということで、一安心したのですが、
この病院通いは、男として屈辱でした。

もう二度と行きたくない!!

でも、当時は子供が欲しくて必死でした。

今でも、子殺しとか幼児虐待、捨て子などの話を聞くと、怒り心頭に発します。
スポンサーサイト

病院 4

やっとのことで、造影剤の注入は終わりました。

で、撮影です。

キー、ガチャ・・・キー、ガチャ・・・  ・・・

撮影している間、こちらはまな板の上の鯉。
看護婦さんは、にたにたしながら見ているだけです。

やっと、撮影が終わりました。

技師:「終了です」

私は、診察台の上に起き上がりました。
下半身はすっぽんっぽんで、造影剤でべとべとです。

看護婦が寄ってきました。
手には、脱脂綿とティッシュを持っています。

看護婦:「これで拭いてください。一人で出来ますか」

私:恥ずかしくてそっぽを向きながら「はい、ありがとうございます」

当時は初心でしたので、恥ずかしくてたまりませんでした。
今でも恥ずかしいでしょうが、返す言葉は、
「じゃぁ、拭いてください」って言ってしまいますが。

で、一人寂しく、こそこそと拭きました。

看護婦さんたちは、ぞろぞろと退出していきます。

『何のために、5人も来たんだぁ!!!! ただの見学かよ!!!!』


すごすごと控え室ににもどりました。

暫くして診察室に呼ばれました。

先生:レントゲン写真をみながら「精管は詰まっていないようですね」

そりゃそうだろ!!

先生:「では、次回精子を調べますので、10日ほど我慢してきてください。
    大丈夫ですか?」

何が大丈夫なんでしょうか。
私は、淡白なので、結婚当初から“週一”なんてざらでした。
が、友人や同僚は、毎日とかいう話でしたので、そのことかも知れないと思いました。


その日は、なんどもカウンターパンチをくらってダウンして敗北した
気持ちで帰りました。
本当、屈辱でした。
子供授かるのに、こんなことまでしなければならないのか・・・・

病院 3

次の週、また病院に行きました。
このときは、大変でした。

診察室で先生が言うには、
先生:「これから、精管が塞がっていないか、レントゲンをとってみます」

レントゲン室に行くと、男性の技師がいました。
中央に診察台があり、その上にレントゲンの機械があります。

技師:「では、下半身全部脱いで、その台の上に横になってください」

私は、下半身すっぽんっぽんになって、横たわりました。

技師は、位置を調整したり、ガチャンガチャンとスイッチを入れたり切ったり
して、10分くらい過ぎました。

技師が部屋の隅にある電話機を取って、先生に連絡しようとしましたので、
私は『あぁ、終わったのかな』と思いました。

そしたら、
技師:「先生、準備ができました」

私は『えぇ? これからかょ・・・』


ところが、これからが大変でした。

看護婦(今は看護師と言うのでしょうが)がぞろぞろと5人も部屋に入ってきました。
わたしは、下半身すっぽんんっぽんです。
とっても恥ずかしいです。

最後に、先生が入ってきました。
手には大きな直径3cmほどもある注射器を持っています。
先は針では無くチューブです。

何をするのかと思ったら、その先のチューブを、私の尿道に差し込みます。
そして、なかの液体を注入していきます。

先生:「造影剤を注入しますので、緊張しないでください」

そんなぁ、緊張するでしょ。普通。
ましてや、女性がずらりと5人も見ているんだから・・・

先生:「あっ、緊張しないで。緊張すると入っていかずにこぼれてしまうので」

そんなこと言われても、無理だって!!


続く

病院 2

翌週の休日(サービス業に勤めていたので、平日が休日でした)に、
市内では有名な「○○クリニック」という、泌尿器科の病院の前まで
行きました。

が、中に入ることが出来ません。

数十分、悩んだ末、帰ってきてしまいました。

私:ごめん、ちょっと込んでいたので・・・来週行くね。

翌週も、翌々週も、戻ってきてしまいました。
男にとって、結構プレッシャーです。

そんなこんなで、一ヶ月が過ぎてしまいました。

『こんなことしていたら、いつまでたっても子供が授からないぞ・・・』

と思い、ある日思い切って玄関をくぐりました。

先生は、「紹介状」を一目見るなり心得たようで、

先生:「では、そこのベッドに下半身裸になって横になってください」と一言。

とりあえず、ズボンとパンツを脱いで、ベッドに横たわりました。

先生は、私の“おち○ちん”と“ふ○ろ”を握ったりしていましたが、
すぐに診察は終了しました。

先生:「では、来週レントゲンを取りますので、また来て下さい」

で、翌週また行くことに。

病院

楽しい結婚生活を過ごしていました。
子供が欲しかったので、心待ちにしていました。

が、なかなか出来ません。

回りからは、「まだ出来ないの?」と、会う人ごとに言われます。

1~2年目までは、笑って「なかなか出来ないみたい・・・」と
言っていましたが、さすがに3年を過ぎると、
『余計なお世話だよ!!』とこころの中で反発します。

結婚当初から、「早く子供が欲しいので・・・」と言っていたので、
結構プレッシャーになってきました。

それで、仕方なく医者に行くことにしました。

産婦人科に通うこと一年。
排卵誘発剤なども使いましたが、まだ出来ません。

ある日、産婦人科から私宛に一通の封書が届きました。

「紹介状」でした。

「これをもって、ご主人に「泌尿器科」の病院に行って貰いなさい」
とのことでした。

正直、かたまってしまいました。

結婚

26歳で結婚しました。

学生時代も、ずっと彼女なしで通して、24歳で付き合い始めました。
硬派の私が、なぜ付き合えたかと言いますと、実は妹の友達でした。
よって、知り合ってからは8年ほど経っていました。
私の母親が先に気に入ってしまって、大学時代に帰省すると、なぜか
しょっちゅう家に呼んでいました。

私も、フランス人形のように可愛い(身内を褒めていいのだろうか?)
し、性格も良かったので、好意を持っていました。

大学を卒業して、地元に就職すると、なんとその会社にいました。
久しぶりだったので、「うちに遊びにおいでよ。母さんも会いたがっているし」などと、
勝手なことを言って、誘ったりしていました。

同じ会社なので、いつも顔を合わせています。
当時は、携帯なんか無かったので、とても便利でした。
で、付き合っているうちに、結婚・・・ということで。

何故か、私は子供が欲しかったのです。

で、この子作りがとっても大変なことになってしまいました。

早速テスト

買ったは良いのですが、使う相手がいません。
結構硬派だったので、彼女というものを作ったためしがありません。
(変な言い方ですが)
筆卸は、ひょんなことから実現できただけで、ほとんど経験は
ありませんでした。

で、一人で使ってみました。
(書いていて恥ずかしいですね。でも、当時は侘しいという思いでした)

確かに持ちます。
が、一人でやっているので、そのせいもあるのでしょう。
それに、麻痺させて持続させるので、いまひとつ達成感がありません。

本物の女性相手だとどうなるのか・・・
いろいろと想像してはみるものの、彼女がいない為、実現できません。

今だったら、出会い系とかあるので、いくらでも出来るのでしょうが。
当時は、そんな出会いはほとんどありませんでした。

とりあえず、その日はなんとなく
「あぁ、感覚が鈍くなって、持続するなぁ」
という感想を持っただけでした。

それなりに調べると言っても、当時はインターネットなど無いし、
情報も出回っていない時代でしたので、なかなか分かりません。

週刊誌やスポーツ新聞、夕刊紙などを漁ってみました。
でも、それほどいい情報はみつかりません。

あるとき、「ト○ス」という薬を見つけました。
が、田舎に勤めてしまったので、買えません。
と言うのは、薬屋に買いに行けなかったというのが正直なところです。
ほとんど顔見知りなので。

で、何年間か悶々とした後、やっと購入しました。
どうやったのというと、東京に出張に行ったときに買いました。
上野駅のそばの、アダルトショップみたいなところです。

とても、恥ずかしかったのですが、店員さんはなにごとも
無いかのように、「○○円です」と売ってくれました。

ほんの数グラムで、数千円でした。
高いな~と思いましたが、これで直ればと思うと、嬉しく思いました。

最初は

再度、訪問していただけて、とても嬉しく思います。
こうなると、ブログって面白いですね。

さて、最初に自覚したときのことですが。
私は結構奥手で、初めての経験は二十歳すぎでした。

そのときに、「あら、もういったの・・・」と言われたのですが、
初めてなんだから、とそれほど気にしていませんでした。
経験が無いんだし、回数を重ねればそれなりにと思っていました。

しかし、回数を重ねても(と言っても、全然多くないのですが)
ちっとも改善しません。

いろいろと調べてみると、どうやら「早漏」のようです。
知人などにそれとなく聞いてみると、30分とかいう人もいて、
『え!!?? おれなんか1分だぜ』とこころの中でびっくりしました。
良くて3分です。

冷静に考えると、『それじゃぁ女性は満足できないよな・・・』
と思います。

では、どうしたら良いのか、それなりに調べました。

訪問

はっきり言って、テーマがテーマなので、訪問してくれる人がいるかと疑問に思っていましたが、
早くもコメントをいただけました。
正直、感動しています。
その方のブログは、非常に綺麗で、参考にしたいと思います。


さて、テーマに関してですが、残念ながらまだ進行中です。
と言うことは、克服が出来ていないということですね。
いろいろと試行錯誤してきたのですが・・・
同じ思いをされている方は、結構いるのではないかと思っています。
(それとも、私一人だけ?)
参考になればと、徐々に報告しようと思っています。

初めてのブログ

はじめまして。
巷で人気の「ブログ」というものを私もやってみようと思って、作ってみました。
非常に簡単に出来るんですね。
難しい設定をしないせいなのでしょうか。

 さて、初めてのブログで、このようなテーマでは、非常に恥ずかしいのですが、他に見かけませんでしたので、思い切って作ってみました。

 はたして、何人の方が見てくれるのでしょうか?

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。