<アクセス解析タグ ここから-->

プロフィール

海神

Author:海神
はじめまして。
結構いい年をしてます。
昔から悩んではいたのですが、大した対策も出来ずにいます。
少し、真剣に考えてみようと思って恥ずかしいのですが、「ブログ」を立ち上げてみました。

フリーエリア

フリーエリア

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院 2

翌週の休日(サービス業に勤めていたので、平日が休日でした)に、
市内では有名な「○○クリニック」という、泌尿器科の病院の前まで
行きました。

が、中に入ることが出来ません。

数十分、悩んだ末、帰ってきてしまいました。

私:ごめん、ちょっと込んでいたので・・・来週行くね。

翌週も、翌々週も、戻ってきてしまいました。
男にとって、結構プレッシャーです。

そんなこんなで、一ヶ月が過ぎてしまいました。

『こんなことしていたら、いつまでたっても子供が授からないぞ・・・』

と思い、ある日思い切って玄関をくぐりました。

先生は、「紹介状」を一目見るなり心得たようで、

先生:「では、そこのベッドに下半身裸になって横になってください」と一言。

とりあえず、ズボンとパンツを脱いで、ベッドに横たわりました。

先生は、私の“おち○ちん”と“ふ○ろ”を握ったりしていましたが、
すぐに診察は終了しました。

先生:「では、来週レントゲンを取りますので、また来て下さい」

で、翌週また行くことに。
スポンサーサイト

<< 病院 3 | ホーム | 病院 >>


コメント

コメントありがとうございました。
わたしはとうとう実父に聞いてみたかったことを
聞けずじまいだったのでどこかにわだかまりを残したままで・・・心から男性を信じるということは
できないでいるのが正直なところです。
それがわたしにとってはいちばん哀しいことでもあります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。